界面活性剤について

ところであなたはシャンプーが何からできているかご存知ですか?

欠かせないものとして、水のほかに
界面活性剤があります。
水と油の仲立ちをしてくれるもので、
まじりあうことのない二つの物質をつないでくれる成分です。
【ポッシュヘアケアシャンプーNS】でいえば、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naやコカミドプロピルベタインなどです。

この界面活性剤は6つにわけることができます。
(1)「天然物」(2)「石けん系」(3)「脂肪酸エステル系
(4)「アミノ酸系」(5)「高級アルコール系」(6)「石油系」

この6つを化学的に分類すれば、天然物以外はすべて合成された界面活性剤です。
つまり人工的に作られたものということです。

しかし、この合成の中でも原料が天然のものかそうでないかで
ふたつにわけることができます。

量販店で売られている、大量生産されているもののほとんどは
天然ではない石油系の界面活性剤を使っています。

その方が原価が安いからです。

しかし、この石油由来の成分がまれに刺激が強くて肌トラブルを起こしています。
また、洗浄する力×よくて、必要以上に皮脂を取り除いてしまうために
毎日のシャンプーによって、かえって頭皮を痛めている場合があります。
それで石油由来のものではないものを使う方が増えているのです。

【ポッシュヘアケアシャンプーNS】に使われている界面活性剤は、
ヤシ油から生成されたものが使われています。

石油由来のものは使っていません。

だから毎日使えて、大人も子供も赤ちゃんにも使えるシャンプーなのです。

初回購入キャンペーン中で25%OFF
ポッシュヘアケアシャンプーNSを試すチャンスです!

▼詳しい通販情報はこちらの画像をクリック▼







===エキサイト

汚れや皮脂分を落とすために必要な成分。

それが界面活性剤です。

良く聞く名前だと思います。

界面活性剤とは、ある交わらる事のない物質の仲立ちをしてくれるもので
間に入ることで二つのものを混ぜてくれう物質です。

水と油はどんなに混ぜても混ざり合うことはありませんが
この界面活性剤が入ることによってまじりあうのです。

マヨネーズにも天然の界面活性剤レシチンが入っています。
コレは卵に入っている成分です。

だからお酢やその他の材料とサラダオイル等がまじりあって
マヨネーズができるわけです。

洗剤に入ることで、皮脂分を水に溶けやすくして汚れを落とすわけです。

この界面活性剤の材料によって天然由来か、石油由来のものかに分けることができます。

量産タイプのシャンプーはほとんどが石油由来の界面活性剤が使われています。

なぜなら、大量に安く作ることができるからです。

ポッシュ ヘアケアシャンプーNSに使われている界面活性剤は、
ヤシ油由来の成分から抽出されています。

ですから天然由来の界面活性剤という訳です。

その他のものも石油由来のものを含んでいません。

石油由来の界面活性剤は、良く汚れを落としますが、
この石油由来の成分がまれに刺激が強くて肌トラブルを起こしています。

また、洗浄力が強過ぎて、必要以上に皮脂を取り除いてしまうために
毎日のシャンプーによって、かえって頭皮を痛めている場合があります。
それで石油由来のものではないものを使う方が増えているのです。

ですから、毎日、時には朝晩使うシャンプーには、
石油由来のものを使わない方が頭皮のためには良いというわけです。

あなたもポッシュ ヘアケアシャンプーNSを試してみませんか?

買うなら今がチャンスです!
(↓画像をクリックすると公式サイトへ行けます↓)


[PR]
# by posh-shampoo | 2013-05-15 12:03 | ポッシュシャンプーの特徴